バタフライアブスの使い方を写真画像で解説!(バタアブ)

「バタフライアブス(バタアブ)は良い!」と聞いても、使い方がわからなければ利用シーンがイメージできませんよね。

せっかく購入するなら、使いこなしたいですよね!

「EMSって初めてなんだけどどうやって使うものなの?」という方のために、バタフライアブス(バタアブ)の使い方を写真付きで紹介します!

バタアブについて詳しく知りたい方はこちら

私が下腹を引き締めに成功した方法を【30日間返金保証付き】で試す!

今すぐクリック!→【公式】保証付きで購入できるバタフライアブス(バタアブ)を確認する

 

バタフライアブス(バタアブ)の使用を開始する前に必ずやってほしいこと

バタフライアブス(バタアブ)を装着するときに、ゲルパッドを皮膚に取り付けます。

ゲルパッドがお肌に合うか?肌荒れなどを起こさないか?使用前にパッチテストを行ってください!

 

ゲルパッドのパッチテストの方法はこちらです!!

テスト時間は20分間です。

肌荒れを起こさなかったからと言って、長時間つけっぱなしにしてはいけませんよ!

 

このコードでバタフライアブス(バタアブ)を充電します!

バタフライアブス(バタアブ)は充電式なので、コードを使って充電します。

 

充電中はオレンジのサインが点滅し、グリーンのランプが点灯したら充電完了の合図です。

1回の充電で約10回分使用することができます。

ほとんど充電が残っていない状態から充電すると、1時間くらいかかることもあります。

 

私の場合は、届いたときに充電が切れている状態ではなかったので、すぐに使うことができました!

 

バタフライアブス(バタアブ)の本体をゲル電極パッドにセットします

まずは本体をゲル電極パッドにセットします。

バタフライアブス(バタアブ)の本体は手のひらに収まっちゃうくらい小さいです。

この小さなバタフライアブス(バタアブ)本体を、下腹に取り付けるための「ゲル電極パッド」に装着して使います!

バタフライアブス(バタアブ)本体の裏側についている留め具を、ゲル電極パッドにの留め具にはめ込みます。

洋服などについている留め具と同じ感じで、上下に合わせて「パチン」というまで押さえつければつきますよ!

ゲルの保護シートをはがして引き締めたい場所に貼り付けます

本体がセットできたら、次はいよいよ引き締めたいところに貼り付けましょう!まずはゲル部分を保護しているシートをはがします。

けっこう強力な粘着力のゲルですが、やさしく、それでいて力強く剥がしていきましょう!

※シートは使用後に再度保護しますので、捨てないでください!

はがし終わったら、引き締めたい部位に貼り付けます!こんな感じに下腹に取り付ければ、トレーニングの準備完了です!

スイッチを入れてトレーニング開始!

本体を体に取り付けることができたら、いよいよスイッチを入れてバタフライアブス(バタアブ)を動かしましょう!ボタンの位置は、下の3つです!

ボタンは3つだけなので、操作は簡単ですね!「up」のボタンを押すことで動き始めます!

最初は一番弱い設定から始めてください!

強度は10段階なので、最初は一番弱い設定からはじめてくださいね。

最初の段階が弱すぎると思っても「ポチポチポチ~」って強さをあげていくと「イタタタタ~!釣る~!釣る~!!」って感じになります。

強度を強くするときも、ちょっとずつ様子を見ながら強くしていってくださいね!

 

バタフライアブス(バタアブ)のトレーニングメニューは?

バタフライアブス(バタアブ)のトレーニングメニューは全部で6種類です。

この6種類は本体の操作をして選択することができますが、どのモードを選択するかは光のパターンで判断します。

バタフライアブス(バタアブ)のトレーニングメニュー

  • ビギナーモード(20分)
  • エクササイズモード(25分)
  • シェイプアップモード(30分)
  • スリムボディモード(40分)
  • メリハリボディモード(30分)
  • アスリートモード(30分)

まず最初はビギナーモードから始めましょう。

レベルも1から始めて、様子を見ながら強度を上げていってください。

ビギナーモードでも、ちゃんと効果を実感できると思いますよ!

 

途中でやめたいときは?

オフボタンを3秒間長押しすることで終了します。

「トレーニングが以外とキツかったから、トレーニングプログラムの途中だけどやめたい」など、トレーニングの途中で停止したいというときがありますよね。

 

そういう時は、オフボタンを3秒間長押ししてください。

 

写真で確認した「オン・オフ」のボタンの位置と、実際にお腹を上から覗き込んだときの「オン・オフ」のボタンの向きは逆になりますので、間違えないようにしてください。

オフボタンだと思ってオンボタンを押し続けてしまって、レベルが上がってしまった、ということがあったら危険ですからね!

 

本体にジェルパットが付いていないと動かないよ!

ジェルパットに装着していないときは、電源がオフになります。

ジェルパッドに取り付けない状態で電源を入れないようにしてください。誤作動を起こしてしまうみたいです!><

 

使ってないときに常に充電するのはダメ!

毎日充電すると過充電になってしまうそうなので、電源が入らなくなってから充電すれば良いそうです!

充電しすぎると電池の寿命に影響が出てくる可能性があるとのことですが、正直なところ、毎日こまめに充電しなくてすむというのはラクチンですね!

 

できれば充電が完了したらすぐに取り外すようにしましょう。

長く接続したままにしていると、発熱の原因になってしまいます!

 

その他注意事項は?

バタフライアブス(バタアブ)は身体に貼り付けて電気刺激を与えるため、体調に影響を及ぼすことがあります。

そのため、使用については、他にも注意点がありますので、ここで確認してみましょう!

 

妊娠中などは使用しないでください!

以下のような方は、バタフライアブス(バタアブ)を使用しないでください。

  • 妊娠中、生理中、出産直後、認知機能や身体・精神において介護が必要な方。
  • ペースメーカーを使用している方。
  • 医療機器や精密機器が近くにある場合。
  • 身体の不調を感じる場合

バタフライアブス(バタアブ)は電気を人体に送るわけですから、こういった人は注意が使用できないんですね。

 

バタフライアブス(バタアブ)の使い方を写真画像で解説!まとめ

ネット上で写真を見るだけだと、実際にどう使うものなのか、なかなかイメージしづらい!という方のために、商品が届いてから最初に使い始めるまでを、写真付きでご紹介しました!

とくに難しいことはありませんが、実際に利用する時にはちゃんと説明書を読んでから使用してくださいね!

バタフライアブス(バタアブ)を買おうか迷っているけど、なんとなく使っている姿が想像できない!という方の参考になれば幸いです!

 

バタフライアブス(バタアブ)を買うなら【30日間返金保証付き】で購入できる、公式サイトが一番!

▼クリックして公式サイトへ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です